【大隈重信】の死因と最後をわかりやすく解説!右足を切断した理由とは?

大隈重信の【死因】や【最後の様子】そして【右足切断の理由】について、くわしくご存じの方は、それほど多くないと思います。

筆者も大隈重信について、その最期の様子がどのようなものなのか、漠然としか知りませんでした。

この記事では、大隈重信の最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

大隈重信の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、大隈重信の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト「最期と死因ドットコム」へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,大隈重信の『死因』は?

大隈の死因は、【腹部の癌】と【萎縮腎】という病気。

亡くなる4ヶ月前から大隈は、腎臓炎と膀胱カタルという病気を併発し弱っていた。

 

2,大隈重信が【亡くなった日時】は?

【1922年(大正11年)1月10日 午前4時38分】

享年83歳

 

3,大隈重信の【最後の様子】とは?

大隈は失くなる4ヶ月前に風邪をひいたことをきっかけにして衰弱し始めた。

危篤に陥ると、大隈は位階や勲章を与えられた。

結局大隈は、昏睡状態のまま亡くなった。

 

4,大隈重信の【右足切断の理由】と【右足の行方】とは?

大隈は右翼活動家・来島恒喜という人物に爆弾で襲撃され、右足を失った。

切断された右足は現在、大隈重信の菩提寺である佐賀市の龍泰寺に保管されている。

大隈重信の【死因】と【亡くなった日】

大隈重信の【死因】

大隈重信の死因は、腹部の癌および萎縮腎(死因は、大隈重信の主治医・稲田龍吉が死の直後に発表したもの)

また、大隈は亡くなる4ヶ月ほど前から、腎臓炎と膀胱カタルという病気で衰弱していた

《大隈重信》
「引用元ウィキペディアより」

大隈重信が【亡くなった日】と【享年】

【1922年(大正11年)1月10日午前4時38分】

享年83歳

大隈重信の【最後の様子】とは?

【最後の様子】

作家・伊藤之雄さんの著書【大隈重信~「巨人」が築いたもの~下~】によると、大隈重信はとても静かに、昏睡したまま亡くなったとのことです。

伊藤之雄さんの著書によると、大隈重信は4ヶ月ものあいだ、病気と戦ったようです。

亡くなる4ヶ月前の1911年(大正10年)9月4日に風邪をひいて静養を開始。

その13日後の9月17日には、腎臓炎膀胱カタル(膀胱炎?)を併発して、約一ヶ月後の10月12日の頃から食欲不振におちいって衰弱していきました。

10月下旬に体調が戻りかけたが、12月初めの頃から年始にかけて急速に悪化し、食欲も衰えていったとのこと。

大隈重信が危篤におちいると、山県有朋とならぶ位階勲位である従一位の位階と、大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)の勲位が加授されたのでした。

その後も大隈重信の体調が回復することはなく、1922年1月10日午前4時38分に、昏睡状態のまま死去

その葬儀には、約30万人の市民が参列したと言われており、その人気が大きなものであったことが表されていました。

大隈重信の【右足切断の理由】と【右足のゆくえ】

右足切断の理由「大隈重信遭難事件」

大隈重信は1889年(明治22年)に、大隈重信遭難事件と呼ばれるテロ襲撃事件に巻き込まれ、爆弾で右足を失っています。(山や海で行方不明になることだけではなく、災難にあうことを遭難という)

1889年(明治22年)10月18日大隈重信は、玄洋社という組織の一員であった右翼活動家・来島恒喜(くるしま つねき)に爆弾で襲撃されたのです。(来島は襲撃直後にその場で自害)

このとき右足を負傷した大隈は、手術で右足を切断し、その後は義足での生活を余儀なくされたのです。

テロの動機は、大隈重信が外務大臣としてすすめていた外国との不平等条約の改正の内容に、来島が強く反対していたためでした。

大隈重信来島について、意外にも絶賛しています。

「華厳の滝に飛び込む弱虫よりは、よっぽどえらい者と思うておる」

「いやしくも外務大臣である吾輩に爆裂弾を食わせて世論を覆そうとした勇気は、蛮勇であろうと何であろうと感心する」

殺されかけて、なおこんなことを言えるとは、さすがは大隈重信です。

大隈重信の【右足のゆくえ】とは

大隈重信の右足は、現存しています。

現在は大隈重信の菩提寺である佐賀県の龍泰寺に保管されています。(一般公開はされていないようです)

どうやら大隈は、切断した自分の右足をホルマリン漬けにして保管し、自分の邸宅を訪れたお客さんに対して披露していたようです。

また、大隈が愛用していた義足は

  • 早稲田大学・大学史資料センター
  • 佐賀市・大熊記念館

この2か所に保管されており、見学もできるとのことです。

参考文献

今回は、作家・伊藤之雄さんの著書「大隈重信~「巨人」が築いたもの~という書籍を参考にさせていただきました。

この書籍は、上下巻にわかれているのですが、大隈重信の死因については、下巻に記されていました。

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,大隈重信の『死因』は?

大隈の死因は、【腹部の癌】と【萎縮腎】という病気。

亡くなる4ヶ月前から大隈は、腎臓炎と膀胱カタルという病気を併発し弱っていた。

 

2,大隈重信が【亡くなった日時】は?

【1922年(大正11年)1月10日 午前4時38分】

享年83歳

 

3,大隈重信の【最後の様子】とは?

大隈は失くなる4ヶ月前に風邪をひいたことをきっかけにして衰弱し始めた。

危篤に陥ると、大隈は位階や勲章を与えられた。

結局大隈は、昏睡状態のまま亡くなった。

 

4,大隈重信の【右足切断の理由】と【右足の行方】とは?

大隈は右翼活動家・来島恒喜という人物に爆弾で襲撃され、右足を失った。

切断された右足は現在、大隈重信の菩提寺である佐賀市の龍泰寺に保管されている。

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

その他の記事

もしよろしければ、以下にご紹介いたします記事も、合わせてお役立てくださいませ。

『【坂本龍馬】の最後と死因・暗殺の真相をわかりやすく解説!脳を斬ったのは誰?』の記事はコチラ
『【五代友厚】の最後と死因をわかりやすく解説!酒の飲みすぎで急死した?』の記事はコチラ
『【麻原彰晃】の最後と死因をわかりやすく解説!最後の言葉と遺体の行方』の記事はコチラ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る