【五代友厚】の最後と死因をわかりやすく解説!酒の飲みすぎで急死した?

五代友厚の【死因】や【最後の様子】について、くわしくご存じの方は、それほど多くないと思います。

筆者も五代友厚について、その最期がどのようなものなのか、漠然としか知りませんでした。

この記事では、五代友厚の最期について、ひと目で分かるようにまとめました。

五代友厚の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、五代友厚の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト「最期と死因ドットコム」へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,五代友厚の『死因』は?

五代友厚の死因は【糖尿病】といわれている。

しかし作家・高橋直樹さんは、お酒の飲みすぎによる【多臓器不全】が死因だったとおっしゃっておられる。

 

2,五代友厚が【亡くなった日】は?

1885年(明治18年)9月25日

享年49歳

 

3,五代友厚の【最後の様子】とは?

五代友厚は、最後まで精力的に仕事をしていたらしいが、最期は本邸があった大阪ではなく、東京の別荘で亡くなった。

五代友厚の【死因】と【亡くなった日】

五代友厚の【死因】

五代友厚の死因は【糖尿病】だったといわれています。

《五代友厚》
【引用元ウィキペディアより】

もう一つの死因!実は酒の飲みすぎによる【多臓器不全】

五代友厚を主人公とした小説【五代友厚~蒼海(うみ)を越えた異端児~

この小説の作者である高橋直樹さんが、その作品の中で、五代の死因について記しておられます。

「明治十八年九月二十五日、五代友厚は死んだ。

糖尿病と公表されたが、多臓器不全に近い症状だったのだろう。」

と、【五代友厚~蒼海(うみ)を越えた異端児~】には記されていました。

「おいの身体には筋金が入っちょる」

と、五代友厚は口癖のように言って、自分の体力に相当な自信を持っていたといいます。

実際、五代は腕っぷしが強い喧嘩自慢で、しかも酒豪でした。

毎晩のように大酒を飲み続け、身体を酷使していたようです。

高橋直樹さんの小説には、五代とともに薩英戦争で戦った寺島宗則から、その酒の飲みすぎについて注意を促されたエピソードも記されています。

「(五代の)あの飲み方は毛唐(けとう・外国人のこと)にしかできぬ。

日本人がやれば、臓器を大きく損ねる」

《寺島宗則》
「引用元ウィキペディアより」

医師だった寺島宗則は、そう言って、戦友でもある五代を心配していたといいます。

ワイン、ビール、ブランデー、さらにはシャンパンが大好物だった五代

大酒飲みであったことが、五代友厚の死因だったのかもしれません。

五代友厚が【亡くなった日】と【享年】

1885年(明治18年)9月25日

享年49歳

五代友厚の【最後の様子】は?

五代友厚は、亡くなる直前まで、精力的に仕事をしていたといいます。

東の渋沢・西の五代

《渋沢栄一》
「引用元ウィキペディアより」

【資本主義の父】と呼ばれた渋沢栄一と並ぶ財界のドンであった五代友厚ですが、91歳まで長生きした渋沢栄一とは違い、激務と大酒が祟ったらしく、わずか49歳で亡くなっています。

糖尿病によってやせ細り、それでも大阪商船(のちの商船三井)や大阪堺鉄道(のちの南海鉄道)の設立事業を続けていたようです。

そんな中で五代は、静養のため東京の別荘へ移動。

そこで急死してしまうのです。

実は亡くなる8ヶ月前、五代は大阪中之島淀屋橋近くに、新しい家を建設していたのです。

東京で亡くなった五代は、この新しい家に運ばれて、葬儀がおこなわれました。

朝ドラ「あさが来た」で、俳優のディーン・フジオカさんが、五代友厚を演じて話題になりました。

ドラマの中で、五代友厚

「私が死んでも五代がつくった大阪は残る」

と、主人公・あさに話しかけるシーンがありました。

実際の五代友厚も、亡くなる直前まで、大阪財界のために死力を尽くしていたのです。

参考文献と注目映画

参考文献

今回は、作家・高橋直樹さんの小説

五代友厚~蒼海(うみ)を越えた異端児~

を参考にさせていただきました。

正義感が強く、仲間を守るために外国人と喧嘩したり、大酒を飲んだりと、正義感の強い人物として描かれており、とても痛快な作品です。

文庫本サイズでしたら、280pほどですので、短時間で読めると思います。

俳優・三浦春馬さんが【五代友厚】を演じた映画《天外者》

また、先日お亡くなりになられた俳優・三浦春馬さんが五代友厚を演じた映画「天外者(てんがらもん)」も、素晴らしい作品でした。

三浦春馬さんが鹿児島弁で挑んだという、かなり面白い作品です。

出演者が完成披露試写会で、お亡くなりになられた三浦春馬さんについて語っていたのですが、三浦春馬さんのことを思い出して、涙が出そうになる試写会でした。

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,五代友厚の『死因』は?

死因は【糖尿病】といわれている。

しかし作家・高橋直樹さんは、お酒の飲みすぎによる【多臓器不全】だったとおっしゃっておられる。

 

2,五代友厚が【亡くなった日】は?

1885年(明治18年)9月25日

享年49歳

 

3,五代友厚の【最後の様子】とは?

五代友厚は、最期まで精力的に仕事をしていたらしいが、最期は大阪ではなく、東京の別荘で亡くなった。

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る