【伊藤博文】の死因と最後をわかりやすく解説!暗殺された理由と犯人の正体

伊藤博文の【死因】や【最後の様子】について、くわしくご存じの方は、それほど多くないと思います。

筆者も伊藤博文について、その最期の様子がどのようなものなのか、漠然としか知りませんでした。

この記事では、伊藤博文の最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

伊藤博文の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、伊藤博文の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト「最期と死因ドットコム」へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,伊藤博文の『死因』は?

伊藤博文の死因は、ピストルによる【暗殺】

朝鮮人独立運動家・安重根(あん じゅうこん)に、ピストルで3発撃たれて亡くなった。

 

2,伊藤博文が【亡くなった日】は?

1909年(明治42年)10月26日

享年69歳

 

3,伊藤博文の【最後の言葉】とは?

伊藤の最後の言葉は

「俺を撃ったりして馬鹿なやつだ」

または

森(槐南)もやられたか」

 

4,安重根が伊藤博文を暗殺した【動機】とは?

安重根は、東洋の平和を実現するために、韓国の皇帝を廃位させたり、日本の孝明天皇を暗殺したりした伊藤博文を暗殺した、と主張している。

しかし安重根が主張した動機は、どれもこれも的はずれなものだった。

伊藤博文の【死因】と【亡くなった日】

伊藤博文の【死因】

伊藤博文の死因はピストルによる【暗殺】です。

《伊藤博文》
「引用元ウィキペディアより」

朝鮮人独立運動家・安重根(あん じゅうこん)に、ブローニング社製のピストルで3発撃たれて伊藤博文は亡くなりました。

現場は、現在の中国黒龍江省にあるハルビン駅です。

3発のうち2発が致命傷で、銃撃された30分後に伊藤博文は亡くなっています。

伊藤博文が【亡くなった日】と【享年】

【1909年(明治42年)10月26日】

享年69歳

伊藤博文の【最後の言葉】と【暗殺の動機】は?

【最後の言葉】

伊藤博文は、自分を撃ったのが朝鮮人だと知ると

俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ

(別の説によると、犯人が朝鮮人だと知ると伊藤は「そうか!馬鹿なやつだ」と言ったという)

と発言したといいます。

また、伊藤博文の孫・伊藤満州雄さんの話によると

俺はだめだ。誰か他にやられたか?

と周囲に質問し、秘書官だった漢詩人・森槐南(もり かいなん)が負傷したことを知ると

森もやられたか。

と言ったといいます。それが最後の言葉になりました。

ちなみに、森槐南はこのとき軽傷で、その後1年半の後に亡くなっています。

安重根が伊藤博文を暗殺した【動機】は何?

安重根伊藤博文を暗殺した動機は

「韓国の独立と東洋の平和を成し遂げるために、伊藤博文という悪の親玉が邪魔だったから」

と、安重根が自ら裁判で主張していました。

《安重根》
「引用元ウィキペディアより」

しかも安重根は、裁判で伊藤博文を暗殺した15個の理由を述べています。

  1. 韓国の王妃・閔妃(びんひ)を暗殺した
  2. 第二次日韓協約という韓国にとって不利益な条約を結んだこと
  3. 七か条の条約という韓国にとって不利益な条約を結んだこと
  4. 韓国皇帝の廃位を企んだこと
  5. 韓国の軍を解散させたこと
  6. 韓国の独立義兵団を虐殺したこと
  7. 韓国政治の権利を奪ったこと
  8. 韓国学校の教科書を焼却したこと
  9. 韓国人に新聞の購買を禁止したこと
  10. 韓国人に利益とならない銀行券を発行したこと
  11. 韓国民に国債を負担させるなど、不利益を押し付けたこと
  12. 韓国の意思を無視して、韓国に不利益な施設を運営していたこと
  13. 韓国の皇帝を廃するなど、その他にも東洋の平和を乱したこと
  14. 孝明天皇を暗殺したこと
  15. 韓国民が怒っているにもかかわらず、日本の天皇や世界に対して、韓国は平穏無事であると言って欺いていたこと

ちなみに、これらのほとんどが的はずれなものでした。

この中にある「韓国と日本の条約」は、国際法を守った正当なものであり、決して不当なものではなかったといわれています。

さらに「孝明天皇を暗殺した」という主張は、全くのデタラメと言わざるを得ません。

明治天皇の父・孝明天皇が急に崩御されたことは事実ですが、そのとき伊藤博文は長州藩で身分の低い立場にいました。

天皇を暗殺するなど、とても不可能な身分だったのです。(岩倉具視大久保利通が暗殺したという都市伝説はあるが、可能性は極めて低い)

伊藤博文暗殺の結果、起こったこととは?

伊藤博文は韓国を日本と併合することに当初反対していました。

伊藤が亡くなると、韓国は日本と併合して消滅します。

結果として伊藤暗殺は、安重根の目論見と逆に、彼の祖国・韓国の消滅を加速させてしまったのです。

作家・上垣外憲一(かみがいと けんいち)さんの著書「暗殺・伊藤博文」には、こんな言葉が記されていました。

伊藤の死が(日本と韓国の)併合を早めたことは事実だろうが、それが伊藤の意志であったということは、決してない」

安重根の暗殺は、結果として祖国である韓国消滅を早めてしまったのです。

伊藤が最後に「俺を撃ったりして馬鹿なやつだ」と言ったのは、そういうことです。

伊藤が生きていたら、韓国の消滅は、せめて遅らせることくらいはできたはずなのです。

余談ですが、伊藤博文のライバルだった大隈重信もまた、韓国を併合することに反対していたようです。

《大隈重信》
「引用元ウィキペディアより」

参考文献

今回は、上垣外憲一さんの作品「暗殺・伊藤博文」を参考にさせていただきました。

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,伊藤博文の『死因』は?

伊藤博文の死因は、ピストルによる【暗殺】

朝鮮人独立運動家・安重根(あん じゅうこん)に、ピストルで3発撃たれて亡くなった。

 

2,伊藤博文が【亡くなった日】は?

1909年(明治42年)10月26日

享年69歳

 

3,伊藤博文の【最後の言葉】とは?

「俺を撃ったりして馬鹿なやつだ」または「森(槐南)もやられたか」

 

4,安重根が伊藤博文を暗殺した【動機】とは?

安重根は、東洋の平和を実現するために、韓国の皇帝を廃位させたり、日本の孝明天皇を暗殺したりした伊藤博文を暗殺した、と主張している。

しかし安重根が主張した動機は、どれもこれも的はずれなものだった。

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

その他の記事

もしよろしければ、以下にご紹介いたします記事も、合わせてお役立てくださいませ。

『【坂本龍馬】の最後と死因・暗殺の真相をわかりやすく解説!脳を斬ったのは誰?』の記事はコチラ
『【五代友厚】の最後と死因をわかりやすく解説!酒の飲みすぎで急死した?』の記事はコチラ
『【麻原彰晃】の最後と死因をわかりやすく解説!最後の言葉と遺体の行方』の記事はコチラ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る