【高杉晋作】の死因と最後をわかりやすく解説!辞世の句の意味とは?

高杉晋作の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。

  1. 高杉晋作の死因は、肺結核。
  2. 高杉は、新暦・1867年5月17日、旧暦・慶應3年4月14日、享年29歳(満27歳8ヶ月)
  3. 高杉の辞世の句は2つ。【おもしろきこともなき世におもしろく】、【三千世界の鴉を殺して主と朝寝がしてみたい】
  4. 高杉晋作は、第二次長州征伐で幕府軍を撃破した後、病気療養中に亡くなった

この記事では、高杉晋作の最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

高杉晋作の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、高杉晋作の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト「最期と死因ドットコム」へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

高杉晋作の【死因】と【亡くなった日】

高杉晋作の【死因】

高杉晋作の死因は【病死】。【肺結核】で若くして亡くなっています。

《高杉晋作》
「引用元ウィキペディアより」

高杉晋作が【亡くなった日】と【享年】

新暦・1867年5月17日

旧暦・慶應3年4月14日

享年29歳(満27歳8ヶ月)

高杉晋作の【辞世の句】と【最後の様子】は?

高杉晋作の【辞世の句】とその意味

高杉晋作の辞世の句は、以下のとおりです

おもしろきこともなき世おもしろく

または

おもしろきこともなき世おもしろく

「を」と「に」の二通りの説がありますが、もっとも古い資料では「に」と記されているようです。

「おもしろきこともなき世におもしろく」

この句は、高杉晋作が亡くなる1年も前に歌われていたものなので、辞世の句ではない、という説もあるようです。

おもしろいことなどないつまらない世に面白く生きたぞ、という意味なのでしょう。

または

「三千世界の鴉を殺して主と朝寝がしてみたい」

という歌を残したとも言われています。

「朝にうるさく鳴く世界中の鴉を全て殺して、君とゆっくり朝寝がしてみたい」

これは、高杉晋作が恋人・愛人に向けて贈った歌とされています。

つまりは「朝まで君と一緒にいたい」という口説き文句なのでしょう。

ただし、この歌は木戸孝允(桂小五郎)がつくった歌ともいわれており、真相ははっきりしていません。

木戸孝允
引用元ウィキペディアより

木戸孝允については、以下のリンク記事で、更に詳しく解説しております。

『木戸孝允こと桂小五郎の死因とは?西郷隆盛を叱り飛ばして死亡した!』の記事はコチラ

高杉晋作の【最後の様子】

高杉晋作は、第二次長州征伐において、九州小倉方面の幕府軍と戦っていました。

そのとき高杉はすでに病気となっており、瀕死の状態だったと考えられます。

なんとか幕府の大軍団を撃破した長州藩でしたが、このころの高杉は、長州藩からの命令で療養をしていたといいます。

師である吉田松陰の墓前で酒を飲みながら、ゆっくりと過ごしていたものの完治することはなく、高杉は若くして亡くなるのでした。

高杉が亡くなった半年後、高杉や大村益次郎の活躍によって撃破され弱体化した幕府は、徳川慶喜の大政奉還により消滅。

《徳川慶喜》
【引用元ウィキペディアより】

その後、長州藩は薩摩藩とともに戊辰戦争で江戸幕府を完全に討伐することに成功します。

高杉が亡くなった翌年の【1868年】に明治維新が実現し、明治新政府が誕生することとなるのです。

 

明治維新とは何かについては、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『【明治維新とは何か】超わかりやすく簡単解説!維新で変わったこととは?』の記事はコチラ

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,高杉晋作の『死因』は?

高杉晋作の死因は、肺結核。

 

2,高杉晋作が【亡くなった日時】は?

新暦・1867年5月17日、旧暦・慶應3年4月14日、享年29歳(満27歳8ヶ月)

 

3,高杉晋作の【辞世の句】とは?

  1. 【おもしろきこともなき世におもしろく】
  2. 【三千世界の鴉を殺して主と朝寝がしてみたい】

 

4,高杉晋作の【最後の様子】とは?

高杉晋作は、第二次長州征伐で幕府軍を撃破した後、病気療養中に亡くなった

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

幕末明治期の偉人の記事

高杉晋作について、以下のリンク記事でご紹介しております内容をお読みいただければ、さらに理解が深まると思います。

もしよろしければ、以下にご紹介いたします記事も、合わせてお役立てくださいませ。

『【坂本龍馬】の最後と死因・暗殺の真相をわかりやすく解説!脳を斬ったのは誰?』の記事はコチラ
『【井上馨】の死因と最後をわかりやすく解説!渋沢栄一とはどういう関係だったのか』の記事はコチラ
『【孝明天皇】の死因と最後をわかりやすく解説!暗殺説の真相とは?』の記事はコチラ
『【伊藤博文】の死因と最後をわかりやすく解説!暗殺された理由と犯人の正体』の記事はコチラ
『【大隈重信】の死因と最後をわかりやすく解説!右足を切断した理由とは?』の記事はコチラ
『【五代友厚】の最後と死因をわかりやすく解説!酒の飲みすぎで急死した?』の記事はコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る