MENU

後藤象二郎の最後と死因をわかりやすく解説!その死後に起こったこととは?

後藤象二郎の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。

  1. 後藤象二郎の死因は、心臓病
  2. 後藤象二郎は、1897年(明治30年)年8月4日に自宅で亡くなりました。 享年60歳
  3. 後藤象二郎は、前年の1896(明治29)年の夏ごろから心臓病をわずらうようになり、箱根で静養していましたが翌年の1897(明治30)年8月4日、亡くなりました。

この記事では、後藤象二郎の最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

後藤象二郎の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、後藤象二郎の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト「最期と死因ドットコム」へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

後藤象二郎の【死因】と【亡くなった日】

後藤象二郎の【死因】

後藤象二郎の死因は【心臓病】

後藤象二郎が【亡くなった日】と【享年】

後藤象二郎は、1897年(明治30年)8月4日に心臓病で亡くなりました

享年60歳

後藤象二郎の【最後の様子】は?死ぬ前に起こっていたことを解説

後藤象二郎は、亡くなる前年の1896年(明治29年)頃から、心臓病を患うようになり、箱根の別邸で療養にあたっていたが、病状が回復することなく、1897年(明治30年)8月4日、箱根の静養先で亡くなりました。

後藤象二郎は、土佐藩の重臣として坂本龍馬さかもとりょうまが発案したとされる大政奉還たいせいほうかんの案を、徳川慶喜とくがわよしのぶにすすめ、慶喜もこれを受け入れ、徳川幕府を終わらせました。

いわば後藤象二郎は日本を明治という近代化に導く大事な場面を演じたといえます。

明治維新後は、板垣退助いたがきたいすけとともに活動をともにしてきましたが、第2次伊藤博文内閣の農商務大臣に就任した時に業者との癒着が議会で批判されて辞職に追い込まれてしまいました。

彼の政治家としての活動は、不遇のうちの終わったようです。

後藤象二郎の【辞世の句】または【最期の言葉】とその意味とは?

辞世の句は詠まれてはおりませんでした。

福沢諭吉ふくざわゆきちは、生前に後藤象二郎と親交を持っており追悼文の中で

「もし後藤象二郎が首相になっておれば、豪快な性格も相まって、決断力のあるような政治を行っていたであろう」

と綴っています。

後藤象二郎は、板垣退助と欧州を旅行した際に日本人として初めて、ルイ・ヴィトンのバックを購入したと伝えられています。

後藤象二郎の【子孫】は、どうなったのか?

後藤象二郎は前妻と後妻の間に10人の子供をもうけました。

 

  • 後藤猛太郎(1863年(文久3年)~1913年(大正2年) 後藤象二郎の次男
  • 後藤保弥太 後藤象二郎の孫 猛太郎氏の長男

後藤猛太郎氏は、幼い時から外国人教師から、外国語(英仏独)を学び、明治期にヨーロッパに留学までしましたが、女好きで遊郭で遊ぶようになり、数々の事業を手掛けたりしましたが、新潟の銅山で鉱脈を当てました。儲けたお金を豪遊に使ってしまい一文無しになってしまいました。成功と失敗を繰り返す人生だったとの事です。

晩年になって設立した「日本活動フィルム株式会社(後に日本活動寫眞株式会社)という映画の会社を設立しました、現在、映画製作や映画配給で私たちにエンターティメントを提供する「日活」となりました

 

  • 長女 早苗 岩崎弥之助(三菱財閥2代目当主)の許に嫁ぎました。

後藤保弥太氏は、後藤象二郎の代々の伯爵家を継承し、学習院からアメリカのプリンストン大学へと進んでおり、当時としてはすごいエリートでありました、この人も残念なことに、父譲りの女好きなところがあり、最初の妻が妊娠中に、別の女性と結婚するというスキャンダルを起こしました。晩年は事業の失敗から多額の借金を抱えるという、父譲りの波乱万丈の人生を送りました。

 

  • 現在でも、後藤象二郎の家系は続いており、麻布にある著名人が通うイタリアンレストランキャンティの経営者・川添柴郎(川添浩史)氏
  • 音楽プロデューサー 川添柴郎(川添浩史)(1941年(昭和16年)~ 川添柴郎氏の子。YMO や尾崎豊、松任谷由実などの音楽プロデュースに携わる

後藤象二郎の【死後に起こった出来事】とは?

後藤象二郎の死後、5年後の1902年に【日英同盟】が締結されました。

満州に進出したロシアをけん制するために、イギリスと日本で同盟が結ばれました。

これにより領事裁判権りょうじさいばんけん関税自主権かんぜいじしゅけんの一部改正が認められました。

全面改正は、1911(明治44)年に成功しております

後藤象二郎が亡くなった7年後の1904年に日露戦争が始まりました。

ロシアの南下政策に、日本政府は反対し、交渉が決裂し日露戦争が始まりました。

日本はロシアのバルチック艦隊を撃破して勝利。

後藤象二郎が亡くなった16年後の1913年(大正2年)に、大政奉還の時に対面した徳川慶喜が亡くなりました

後藤象二郎が明治の初期に一時経営を手掛けていた高島炭鉱は、岩崎弥太郎の三菱財閥に権益をゆずり抗夫の過酷な労働問題や炭鉱事故を起こしながら経営を続けておりましたが、1986年11月をもって閉山しました。

後藤象二郎の自宅だった場所は、現在では高輪プリンスホテルになっており、フジテレビが年末に放送するFNS歌謡祭の舞台となっております

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,後藤象二郎の『死因』は?

心臓病

 

2,後藤象二郎が【亡くなった日時】は?

1897年(明治30年)8月4日

享年60歳

 

3,後藤象二郎の【最後の様子】とは?

後藤象二郎は、亡くなる前年1896年(明治29年)に心臓を患うようなり、箱根の別邸で療養にあたっていたが、1897年(明治30年)箱根の療養先で亡くなりました。

 

4,後藤象二郎の【辞世の句】または【最期の言葉】とは?

特にありませんが、福沢諭吉が後藤象二郎がもしも首相になっていたら「決断力のある政治をしていただろう」という言葉を残している。

生前のエピソードとして、板垣退助と一緒にヨーロッパを視察した時に、有名ブランドである「ルイ・ヴィトン」を購入した最初の日本人であったと言われています。

 

5,後藤象二郎の【子孫】とは?

  • 後藤猛太郎(ごとうたけたろう)氏【1863年~1912年】事業家、貴族院議員 伯爵、日活の前身の映画会社(日本活動フィルム株式会社)を設立し初代社長になりました。 
  • 後藤保弥太(ごとうやすやた)氏(1896(明治29)年~1937(昭和12)年 米国プリンストン大学卒 事業家
  • 川添柴郎氏(後藤保弥太氏の庶子(後藤象二郎 ひ孫)1913(大正2年~1970(昭和45)年) 麻布にある有名レストランオーナー
  • 川添象郎氏 音楽プロデューサー

 

6,後藤象二郎の【死後に起こった出来事】とは?

  • 後藤象二郎の死後 5年後1902年(明治35年) 日英同盟が結ばれました。
  • 後藤象二郎の死後 7年後の1904年(明治37年)日露戦争が始まる。日本が勝利し、幕末の頃の不平等条約が見直され、アジアの国として唯一列強の仲間入りをしました。
  • 後藤象二郎の死後 16年後 1913年(大正2年)徳川慶喜が亡くなりました

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

その他の記事

もしよろしければ、以下にご紹介いたします記事も、合わせてお役立てくださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次