MENU

藤原忯子の死因と最後をわかりやすく解説!子孫の現在と花山天皇のその後

藤原忯子ふじわらのよしこの【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。

  1. 藤原忯子の死因は、病死
  2. 985年8月7日に亡くなった
  3. 死ぬ前に、花山天皇の子供を妊娠した
  4. 辞世の句または最後の言葉は記録にない
  5. 子孫はいないが、花山天皇の子孫は最近まで続いていた
  6. 死後、寛和の変という歴史的事件が起こった

この記事では、藤原忯子の最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

藤原忯子の最期と死因について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです。

これを読んで、藤原忯子の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



専門サイト【最期と死因ドットコム】へようこそ。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

目次

藤原忯子よしこの【死因】と【最後の様子】

藤原忯子の【死因】

【結論】藤原忯子の死因は病死

くわしい死因は不明ですが、わずか数え年17歳で亡くなっていることから、病死であると考えられます。

藤原忯子は、亡くなったとき、花山天皇の子を妊娠していたといいます。

もしかするとそれが、母体を消耗させ、死に影響したのかもしれません。

彼女は妊娠3ヶ月のときに、つわりがひどかったのか、食事が細くなっていったといいます。

そして実家で養生したいと願ったものの、花山天皇がそれをしぶったため、妊娠5ヶ月まで帰郷できなかったのだとか。

さらには帰郷したものの、花山天皇からの強い願いにより、再び宮中へ。

戻ってきた忯子に喜んだ花山天皇は、食事もせずに添い寝をし続けたといいます。

妊娠したことによる体調の悪化と過労。

それが彼女の命を縮めたのでしょう。

藤原忯子が【亡くなった日】と【享年】

【結論】西暦985年8月7日(寛和元年7月18日)、享年17歳


スポンサーリンク


藤原忯子の【生涯年表】

  • 969年・藤原為光の娘として誕生
  • 984年・花山天皇の女御にょうごとして入内じゅだいし、寵愛を受ける
  • 985年・急死する

 

余談かもしれませんが、藤原忯子の父・藤原為光は、藤原道長の父・兼家の弟にあたります。

藤原道長
引用元Wikipediaより

つまり、藤原忯子と藤原道長は、いとこ同士ということです。

藤原道長の死因と子孫については、以下のリンク記事で詳しく解説しています
あわせて読みたい
藤原道長の死因と最期をわかりやすく解説!子孫の現在と生涯年表 藤原道長の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。 藤原道長の死因は、【糖尿病が原因の多臓器不全】 【西暦1028年1月3日(万寿...

藤原忯子の【辞世の句】または【残した言葉】とその意味を解説

【結論】藤原忯子の辞世の句、または残した言葉は不明です

藤原忯子が残した歌や最後の言葉等は、記録が残っていないので不明です。

藤原忯子の【子孫】は、どうなったのかを解説

【結論】藤原忯子に子孫はいない

藤原忯子は、花山天皇の子を身ごもりながらも、出産する前に亡くなってしまいました。

そのため、子孫は残っていません。

ただ、忯子を寵愛した花山天皇には、他の女性との間に子供がおり、その子孫が白川家として現代まで続いていました。

花山天皇の死因と子孫については、以下のリンク記事で詳しく解説しています
あわせて読みたい
花山天皇の死因と最期をわかりやすく解説!波乱の生涯と子孫のゆくえとは 花山天皇の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。 花山天皇の死因は、悪性腫瘍による病死 西暦1008年3月17日(寛弘5年2月17日)、宝算...

とはいえ、花山天皇はよほど忯子を気に入っていたらしく、のちにその妹である「四の宮」と呼ばれる女性のもとへ通っています。

さらに、兄である藤原斉信ただのぶにも、子孫に有名人がいます。

藤原斉信の死因と子孫については以下のリンク記事で詳しく解説しています
あわせて読みたい
藤原斉信の死因と最期をわかりやすく解説!子孫のゆくえとは 藤原斉信の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。 藤原斉信の死因は、老衰 西暦1035年5月3日(長元8年3月23日)で亡くなっ...

藤原忯子の子孫はいませんが、兄・斉信や、弟・公信の子孫は、現在まで続いています。

忯子の弟・藤原公信の妻は、紫式部の娘だという説もあります。

藤原忯子の子孫の現在については、以下のリンク記事で詳しく解説しています

レキシル
藤原忯子の子孫の現在は?芸能人・有名人がいるのかも解説! | 歴史専門サイト「レキシル」 皆さんは、花山天皇から異常な寵愛を受けた、藤原忯子ふじわらよしこの子孫の現在を、ご存知でしょうか? この記事の


スポンサーリンク


藤原忯子の【死後に起こった歴史的な出来事】とは?

【結論】藤原忯子の死後、寛和の変という事件が起こりました。

寛和の変とは、花山天皇が藤原兼家・道兼親子に騙されて、出家させられた事件です。

忯子を失った花山天皇は悲しみに暮れ、出家を望むようになります。

実は、花山天皇を邪魔に思う人物がいました。

藤原道長の父・藤原兼家です。

藤原兼家
引用元Wikipediaより

兼家は、権力を独占しようと考えており、そのために、花山天皇に天皇の位を降りてもらいたいと思っていたのです。

なぜかというと、花山天皇の次に天皇になる予定だった懐仁やすひと親王は、兼家の娘・詮子せんしが産んだ子、つまり兼家の孫だったからです。

兼家は、孫である懐仁親王を天皇に即位させて、自分はその外祖父として、権力を独占しようとしていたのです。

そのため、兼家からすれば、花山天皇に子供が産まれようものなら、その子が新しい天皇となってしまう可能性があったため、不都合でした。

それよりも、自分の孫である懐仁親王が天皇になった方が、好都合だったのです。

そんなとき、藤原忯子が子供を産まないままに病死します。

さらに兼家は追い討ちをかけます。

忯子を失って悲しむ花山天皇を説得して出家させるようにと、兼家は息子の藤原道兼に命じたのです。

道兼は、花山天皇を言葉巧みに出家へと誘い、山科の元慶寺で出家させてしまうのです。

花山天皇
引用元Wikipediaより

このとき道兼は、花山天皇と一緒に出家すると約束していましたが、道兼は出家せず、花山天皇はだまされた形となったのです。

こうして懐仁親王が即位して一条天皇となり、藤原兼家は摂政として権力を独占。

藤原氏の栄華の土台が、こうして固まったのです。

藤原道兼の死因と子孫については、以下のリンク記事で詳しく解説しています

あわせて読みたい
藤原道兼の死因と最期をわかりやすく解説!藤原道長の兄がむかえる壮絶な結末 藤原道兼の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。 藤原道兼の死因は病死 995年6月8日(長徳元年5月8日)に亡くなった 死ぬ前に、兄・...

花山天皇はその後、藤原忯子の妹にあたる「四の君」と呼ばれるひとりの女性を寵愛するものの、その女性が理由で騒動が勃発します。

藤原兼家の孫・伊周これちか隆家たかいえの兄弟が、出家して法皇となった花山法皇を襲撃したのです。

実は伊周は、「四の君」の姉「三の君」を愛妾としていました。

ところが伊周は、「三の君」が何者か(花山法皇のこと)と浮気をしていると勘違いしたのです。

伊周は、乱暴者で有名な弟・隆家に相談。

すると隆家は、弓で花山法皇の袖を射抜いてしまいます。(長徳の変)

その後、花山天皇は表舞台に立つことなく、静かに亡くなるのです。

花山天皇の死因と子孫については、以下のリンク記事で詳しく解説しています
あわせて読みたい
花山天皇の死因と最期をわかりやすく解説!波乱の生涯と子孫のゆくえとは 花山天皇の【死因】や【最後の様子】について、短くまとめると、以下のとおりです。 花山天皇の死因は、悪性腫瘍による病死 西暦1008年3月17日(寛弘5年2月17日)、宝算...

ちなみに、この事件がきっかけで、伊周も隆家も左遷され、ライバルだった藤原道長が権力を独占するのです。


スポンサーリンク


まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,藤原忯子の『死因』は?

死因は病死

 

2,藤原忯子が【亡くなった日時】は?

西暦985年8月7日(寛和元年7月18日)、享年17歳

 

3,藤原忯子の【最後の様子】とは?

最後の様子は、花山天皇の子供を妊娠したまま亡くなった。

 

4,藤原忯子の【最期の言葉】とは?

辞世の句または最後の言葉は不明

 

5,藤原忯子の【子孫】とは?

子孫はいない

 

6,藤原忯子の【死後に起こった出来事】とは?

死後に寛和の変という事件が起こった

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

大河ドラマ「光る君へ」登場人物・一覧の記事はコチラ
あわせて読みたい
大河ドラマ「光る君へ」のキャスト相関図まとめ!登場人物の最後と死因そして子孫をわかりやすく紹介 2024年の大河ドラマ「光る君へ」の登場人物をまとめてご紹介! 死因と最期そして子孫のゆくえなどを、まとめて解説! それぞれの人物の詳細は、リンク記事をご覧い...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次