【徳川慶喜】の最後と死因をわかりやすく解説!明治天皇の死が原因で急死したの?

この記事では、最後の将軍【徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)】の死因や最期の様子について、ひと目で分かるようにまとめました。

徳川慶喜の最期と死因について、簡単にまとめると、以下のとおりです。

この記事を短く言うと

 

1,徳川慶喜の『死因』は?

徳川慶喜の死因は【風邪】。

風邪をこじらせた肺炎で亡くなった

 

2,徳川慶喜が【亡くなった日】と【最後の様子】とは?

1913年(大正2年)11月22日

享年77歳(満年齢76歳25日)

 

3,徳川慶喜が口にした【死の予言】とは?

徳川慶喜は、亡くなる直前に自分の死期を悟り、周囲に対して『慌てないように』と指示していた

 

これを読んで、徳川慶喜の最期についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。



歴史専門サイト「死因と最期ドットコム」へようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

徳川慶喜の【死因】と【死んだ理由】は何?

徳川慶喜の【死因】

徳川慶喜の死因は【風邪】。

高齢であったためか、風邪をこじらせて急性肺炎を起こして、徳川慶喜は亡くなったのです。

《徳川慶喜》
「引用元いらすとやより」

徳川慶喜が亡くなった原因は【お礼まわり】だった

家近良樹さんの著書「その後の慶喜」によれば、徳川慶喜が亡くなった原因は【お礼(れい)まわり】とのことです。

慶喜は、亡くなる16日前の【1913年11月6日】に、風邪をひいているにもかかわらず無理をして、宮中へと【お礼まわり】に出かけているのです。

なぜお礼まわりなどしたのかというと、この前日の【11月5日】に、九男の誠(まこと)が、男爵の爵位をもらったためです。

慶喜の男児は、この誠を除けば全員が爵位を与えられていました。

その最後の息子が爵位を与えられたことに、慶喜は喜び、宮中へとお礼のために趣き、各家にお礼を言って回ったのです。

それが原因で風邪をこじらせて肺炎を起こし、慶喜は亡くなったのです。

徳川慶喜が亡くなった原因その2!明治天皇の崩御説

徳川慶喜が亡くなったのは、明治天皇が崩御、つまり亡くなられたことに大きなショックを受けたためという説があります。

家近良樹さんの著書「その後の慶喜」によれば、慶喜は明治天皇重体の報道がされた直後に、医師による治療を受けているのです。

明治天皇が亡くなられた約1年4ヶ月後に、慶喜は亡くなっています。

慶喜は、天皇への忠誠心が強い水戸徳川家で、天皇を尊敬し崇拝していた父・徳川斉昭に育てられました。

そのため慶喜は、明治天皇に対して、父と同じく強烈な尊敬の念を抱いていたのです。

明治天皇が亡くなったあとを追うようにして、慶喜は亡くなったのです。

徳川慶喜が【亡くなった日】と【最後の言葉】とは?

【亡くなった日】と【享年】

1913年(大正2年)11月22日午前4時

享年77歳(満年齢76歳25日)

渋沢栄一伝記に記された【徳川慶喜・最後の言葉】

徳川慶喜は、最期に自らの死を予言し、周囲に対してあわてないようにと指示してから亡くなったといいます。

慶喜の最後の様子については、慶喜の家来だった渋沢栄一が残した【渋沢栄一伝記資料】に記録が残っています。

慶喜は亡くなる前日の夜に、枕許へ息子・慶久と、家来の豊崎信の二人を呼び、最後の言葉を言い残しています。

「今度の病気は、とても回復は見込めない。

私は死ぬる。

決して慌ててはならないぞ」

そう言い残したあと、慶喜は亡くなります。

葬儀委員長は渋沢栄一がつとめ、葬儀は徳川家歴代将軍とは異なり、神式で行われました。

慶喜が尊敬し続けた天皇への敬意を表すために、神式での葬儀が行われたのです。

墓地は、東京・谷中墓地。

この谷中墓地には、渋沢栄一も眠っています。

参考文献

今回の記事では、家近良樹さんの著書「その後の慶喜」を参考にさせていただきました。

まとめ

この記事をまとめますと、以下の通り

この記事を短く言うと

 

1,徳川慶喜の『死因』は?

徳川慶喜の死因は【風邪】。

風邪をこじらせた肺炎で亡くなった

 

2,徳川慶喜が【亡くなった日】と【最後の様子】とは?

1913年(大正2年)11月22日

享年77歳(満年齢76歳25日)

 

3,徳川慶喜が口にした【死の予言】とは?

徳川慶喜は、亡くなる直前に自分の死期を悟り、周囲に対して『慌てないように』と指示していた

以上となります。

本日は当サイトへお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました

『徳川慶喜』関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

『徳川慶喜とは何をした人?年表で簡単解説【大政奉還と鳥羽・伏見の戦い】』の記事はコチラ
『【徳川慶喜について】何した人なのかストーリーで超わかりやすく解説』の記事はコチラ
『【徳川慶喜の年表】天才・慶喜が日本を守るためにやったこととは?』の記事はコチラ
『徳川慶喜は大政奉還後どうなったの?晩年の慶喜を最期までわかりやすく解説』の記事はコチラ
『徳川慶喜は何がすごいの?その功績や酷評される理由をわかりやすく簡単に解説』の記事はコチラ
『徳川慶喜の生涯と静かな最期!最高の名君が世紀のバカ殿に落ちた理由』の記事はコチラ
『徳川慶喜の妻は夫のせいで不幸な一生送らされた!彼女の墓はどこに』の記事はコチラ
『徳川慶喜の死因は風邪だけではない?死の間際に残した名言に驚愕!』の記事はコチラ
『徳川慶喜の写真からナルシストと判明?高身長な幕末屈指のイケメン将軍』の記事はコチラ
『徳川慶喜と坂本龍馬が大政奉還した理由!2つの狙いとその後を解説』の記事はコチラ
『徳川慶喜の子孫は現在すでに断絶?簡単な家系図で解説!』の記事はコチラ
『【徳川慶喜】名前の読み方は「けいき」!自分でも「けいき」と名乗ってた?』の記事はコチラ
『徳川慶喜の評価が割れているのはなぜ?天才かバカ殿か簡単解説!』の記事はコチラ
『大政奉還とは何かわかりやすく簡単解説!徳川慶喜のギブアップ宣言?』の記事はコチラ

『渋沢栄一』関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

『渋沢栄一とは何した人なの?その功績を簡単に解説【生涯年表あり】』の記事はコチラ
『渋沢栄一の学歴と出身大学をご紹介!実は超エリートコースで学んだ秀才だった』の記事はコチラ
『渋沢栄一の子孫と家系図を、ひと目でわかる画像付きで超カンタン解説』の記事はコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る